社民党は市長選は自主投票、私の対応は……

27日は社民党総支部の会議でした。

 

しばらく空席だった代表に代表代行の昇格を決めたほか、新入党員の方の歓迎会を行いました。

 

市議選対策を論議する過程で同日程で行われる市長選についても論議され、結論的には「自主投票」と決まりました。経過としては私が事務所を借りている故・小林信一さんが市長選に立たれたときに争った永野裕貞市長は社会党としては支持できないとのことで永野市政下では自主投票、代わった平尾哲男市長には支持を表明し、母袋市長に代わってからは自主投票を貫いてきているとの話でした。

 

市長選もまだ流動的な要素はありますが、私としてはさきに打ち出した通り「どなたが市長になろうとも二元代表制の下での監視・チェック機能の強化に向け是々非々であたる」ということを改めて党員の皆様に訴えてきました。